漢字辞典:「漱」の読み方・意味・由来について

読み方
ソウ、うがい、くちすす(ぐ)、すす(ぐ)
名のり
すすぐ、そそぐ
画数
14画

※『名のり』とは、人名のみに使える漢字の読み方のことです。


漢字「漱」の意味

口をすすぐ。汚れを取り除く。

漢字「漱」の由来

流れる水とたきぎを束ねた状態の図、人が口を開けている状態の図を組み合わせて生まれた漢字。

漢字「漱」のイメージ

漢字の持つ意味から、汚れや嫌な事などを取り除くというイメージを持つ字。また、「夏目漱石」の名前に用いられていることからその印象も強く、「頭が良く、文才の能力を持った子に」という願いをこめて名づけることができる。

含漱(がんそう):うがいをすること。

夏目漱石(なつめそうせき):明治から大正時代に活躍した小説家。英文学者。「我輩は猫である」で一躍文壇に登場し、他にも「坊つちやん」など有名作品を生み出し人気作家として名高い人物となった。

スポンサー広告

漢字「漱」に関するコメント

  • コメントはまだありません

  • 漢字「漱」にコメントする

    成りすまし対策 >>

    誹謗中傷、個人名、メールアドレス、電話番号、URLなどの投稿は禁止です。

スポンサー広告

スポンサー広告

姓名判断

名前を投稿