漢字辞典:「央」の読み方・意味・由来について

読み方
オウ
名のり
あきら、お、ちか、てる、なか、ひさ、ひさし、ひろ、ひろし
画数
5画

※『名のり』とは、人名のみに使える漢字の読み方のことです。


漢字「央」の意味

真ん中。なかば。尽きる。

漢字「央」の由来

体の真ん中に首かせをつけられた人の絵から生まれた漢字。

漢字「央」のイメージ

漢字の由来はいい意味を持たないが、現代では”真ん中”というイメージを強くもつ漢字。「人に囲まれるような人生をおくれるように」などという願いを込めて名づけることができる。男女ともに名づけの使用例は多いため、組み合わせる漢字で性別がわかるように注意が必要。

未央(みおう):尽きることがない。永久。

吉良義央(きらよしひさ):江戸時代前期の高家旗本。三河吉良地方では名君。

男の子名の止め字例:真沙央(まさお)

スポンサー広告

漢字「央」に関するコメント

  • コメントはまだありません

  • 漢字「央」にコメントする

    成りすまし対策 >>

    誹謗中傷、個人名、メールアドレス、電話番号、URLなどの投稿は禁止です。

スポンサー広告

スポンサー広告

姓名判断

名前を投稿