漢字辞典:「芹」の読み方・意味・由来について

読み方
キン、せり
名のり
画数
7画

※『名のり』とは、人名のみに使える漢字の読み方のことです。


漢字「芹」の意味

セリ科の植物。セリ。

漢字「芹」の由来

並び生えた草と曲がった柄の先に刃をつけた手斧の絵を合わせてできた漢字。

漢字「芹」のイメージ

春に旬をむかえる植物であるところから、さわやかな印象を受ける漢字。独特のさわやかな香りがあり、食用になる。春の七草のうちのひとつでもあるので、春生まれの女の子の名前に使われることが多い。また「さわやかな子に育ってほしい」という願いをこめて名づけることができる。字形もスマートで独特なため、今どきのスタイリッシュな名前を作ることができる。

献芹(けんきん):人に物を贈ることをへりくだっていう言葉。

芹摘む(せりつむ):平安時代に慣用された歌語。思いが通じないことを意味する。

馬芹(うまぜり):クミン。エジプトなどを原産とするセリ科の一年草のこと。

スポンサー広告

漢字「芹」に関するコメント

  • コメントはまだありません

  • 漢字「芹」にコメントする

    成りすまし対策 >>

    誹謗中傷、個人名、メールアドレス、電話番号、URLなどの投稿は禁止です。

スポンサー広告

スポンサー広告

姓名判断

名前を投稿