漢字辞典:「聖」の読み方・意味・由来について

読み方
セイ、ショウ、ひじり
名のり
あきら、きよ、きよし、さと、さとし、さとる、せ、たかし、たから、とし、まさ
画数
13画

※『名のり』とは、人名のみに使える漢字の読み方のことです。


漢字「聖」の意味

もっともすぐれた知恵をそなえた人。あがめられる。

漢字「聖」の由来

耳と口と背伸びをした人の絵から生まれた漢字。高い人徳をもつ理想的な人を意味している。

漢字「聖」のイメージ

欲望に左右されず、清らかで気品のある人物をイメージさせる漢字。またクリスマスのイメージも強いため、クリスマスに生まれた子へ名づけられるケースが多い。

聖人:非の打ち所がないほど、優れている人。

賢聖(けんせい):知徳のもっともすぐれた人。

聖徳太子(しょうとくたいし):飛鳥時代の皇族。推古天皇のもとで政治を行った人物。仏教を厚く信仰し興隆につとめた。

スポンサー広告

漢字「聖」に関するコメント

  • コメントはまだありません

  • 漢字「聖」にコメントする

    成りすまし対策 >>

    誹謗中傷、個人名、メールアドレス、電話番号、URLなどの投稿は禁止です。

スポンサー広告

スポンサー広告

姓名判断

名前を投稿