漢字辞典:「桐」の読み方・意味・由来について

読み方
トウ、ドウ、きり
名のり
ひさ
画数
10画

※『名のり』とは、人名のみに使える漢字の読み方のことです。


漢字「桐」の意味

ゴマモハグサ科の樹木。キリ。

漢字「桐」の由来

植物を表す「木」に、読みとなる「同」を組み合わせてできた漢字。

漢字「桐」のイメージ

強くたくましくまっすぐ伸びるキリの木の印象から、実直な人間になってほしいという願いを込めて名づけれられる。また、高級感のある樹木のため、立派な印象をもつ名前づくりにもってこい。

桐葉知秋(どうようちしゅう):僅かな前兆から次に何が起きるのかを察知すること。

河東碧梧桐(かわひがしべきごとう):俳人。歌人。正岡子規門の弟子。

スポンサー広告

漢字「桐」に関するコメント

  • コメントはまだありません

  • 漢字「桐」にコメントする

    成りすまし対策 >>

    誹謗中傷、個人名、メールアドレス、電話番号、URLなどの投稿は禁止です。

スポンサー広告

スポンサー広告

姓名判断

名前を投稿