漢字辞典:「舜」の読み方・意味・由来について

読み方
シュン
名のり
きよ、とし、みつ、ひとし、よし
画数
13画

※『名のり』とは、人名のみに使える漢字の読み方のことです。


漢字「舜」の意味

むくげ・もくげ(アオイ科の落葉低木)。中国古代の伝説上の帝王。

漢字「舜」の由来

火と小箱、両足が反対方向に向く状態の絵が組み合わさって生まれた漢字。

漢字「舜」のイメージ

立派な人格をもった人物のイメージが強い。名のりでの使用例は少ないが、「まわりの人から尊敬される立派な人に」「的確な判断力をもった人に」といった願いをこめて名づけることができる。

舜(しゅん):伝説上の人物で五帝の一人。 古代中国で理想的な政治を行った人物とされている。

尭風舜雨(ぎょうふうしゅんう):舜の理想の政治は、風や雨のように万民にいきわたっていたことを表す。

スポンサー広告

漢字「舜」に関するコメント

  • コメントはまだありません

  • 漢字「舜」にコメントする

    成りすまし対策 >>

    誹謗中傷、個人名、メールアドレス、電話番号、URLなどの投稿は禁止です。

スポンサー広告

スポンサー広告

姓名判断

名前を投稿