漢字辞典:「鶴」の読み方・意味・由来について

読み方
カク、つる
名のり
ず、たず、つ、づ、づる
画数
21画

※『名のり』とは、人名のみに使える漢字の読み方のことです。


漢字「鶴」の意味

つる。ツル科の鳥の総称。

漢字「鶴」の由来

はるか遠いことを意味する指事文字、尾の短いずんぐりした小鳥、鳥の絵が組み合わさって生まれた漢字。

漢字「鶴」のイメージ

水辺を優雅に飛ぶ鳥で、昔から多くの人に愛され、縁起の良い動物とされてきた。「優美で気品漂う子に」という願いをこめて名づけることができる。古風で趣きのある名前をつくることができる。

千羽鶴(せんばづる):折り紙でつるを千羽おってつなげたもの。さまざまな祈願に用いられる。

鶏群の一鶴(けいぐんのいっかく):多くの凡人の中に、一人だけ格別にすぐれた人がまじっていることのたとえ。

井原西鶴(いはらさいかく):浮世草子の作者。江戸時代に大阪で活躍した人物。

日下部鳴鶴(くさかべめいかく):近代書道家。明治の三筆と呼ばれるうちのひとり。

スポンサー広告

漢字「鶴」に関するコメント

  • コメントはまだありません

  • 漢字「鶴」にコメントする

    成りすまし対策 >>

    誹謗中傷、個人名、メールアドレス、電話番号、URLなどの投稿は禁止です。

スポンサー広告

スポンサー広告

姓名判断

名前を投稿