漢字辞典:「耀」の読み方・意味・由来について

耀

読み方
ヨウ、かがや(く)
名のり
あき、あきら、てる
画数
20画

※『名のり』とは、人名のみに使える漢字の読み方のことです。


漢字「耀」の意味

輝く。光る。あきらか。

漢字「耀」の由来

火、人、鳥の両翼と小鳥の図が組み合わさって生まれた漢字。

漢字「耀」のイメージ

漢字の持つ意味から、明るく光り輝くさまを連想する。「光り輝く個性を持った子に」という願いをこめて名づけることができる。画数が多いため、安定感をもつ名前をつくることができる。

閃耀(せんよう):きらめき。かがやき。

栄耀栄華(えいようえいが):財力と権力があって、ぜいたくを尽くすこと。

鳥居耀蔵(とりいようぞう):江戸時代の幕臣、旗本。大塩平八郎の乱を処理し、蛮社の獄で厳しい取締りを行い恐れられた人物。

スポンサー広告

漢字「耀」に関するコメント

  • 実際にこの漢字が名前に使われている人が学校にいます。
    ″輝く″や″光る″などの意味の通りその人はいつも元気で輝いています。
    魅力的で素敵な漢字だと思います。

漢字「耀」にコメントする

成りすまし対策 >>

誹謗中傷、個人名、メールアドレス、電話番号、URLなどの投稿は禁止です。

スポンサー広告

スポンサー広告

姓名判断

名前を投稿