漢字辞典:「暁」の読み方・意味・由来について

読み方
ギョウ、あかつき
名のり
あき、あきら、あけ、かつ、さとし、さとる、とき、とし
画数
12画

※『名のり』とは、人名のみに使える漢字の読み方のことです。


漢字「暁」の意味

夜明け。明らか。理解する。実現する。

漢字「暁」の由来

太陽と土を高く盛った状態の図、人の上に横線を引いた状態の図を組み合わせて生まれた漢字。

漢字「暁」のイメージ

漢字の持つ意味から、希望に満ち溢れた印象を受ける字。また、待ち望んでいたことを実現するという意味も含む漢字なので「自分の目標を実現に向けて努力できる人に」といった願いをこめて名づけることができる。

暁達(ぎょうたつ):物事や道理を詳しく理解していること。

暁悟(ぎょうご):はっきり悟ること。

加藤暁台(かとうきょうたい):江戸時代中期の俳人。蕉風を慕い「秋の日」の編集に携わり、復興運動に努めた人物。

スポンサー広告

漢字「暁」に関するコメント

  • コメントはまだありません

  • 漢字「暁」にコメントする

    成りすまし対策 >>

    誹謗中傷、個人名、メールアドレス、電話番号、URLなどの投稿は禁止です。

スポンサー広告

スポンサー広告

姓名判断

名前を投稿