漢字辞典:「温」の読み方・意味・由来について

読み方
オン、あたた(かい)、あたた(まる)、あたた(める)
名のり
あつ、あつし、いろ、すなお、ただす、つつむ、なが、ならう、のどか、はる、まさ、みつ、やす、ゆたか、よし
画数
12画

※『名のり』とは、人名のみに使える漢字の読み方のことです。


漢字「温」の意味

あたたかい。なごやか。おだやか。

漢字「温」の由来

流れる水にあたたかな煮物と、皿の図を組み合わせて生まれた漢字。

漢字「温」のイメージ

「温厚」や「温和」などおだやかで平和な印象を受ける漢字。「まわりの人をあたたかく見守れる、度量の大きな人に」「おだやかで優しい性格の持ち主に」「なごやかな雰囲気を進んでつくれる人に」などという願いをこめて名づけることができる。近年「オン」の読みを生かした名づけが人気を集めている。

温純(おんじゅん):おだやかで素直なこと。

三寒四温(さんかんしおん):冬から春に向けて、三日間寒い日が続き、次は暖かい日が四日間続くこと。そうして少しずつ春に移り変わっていく。

温良篤厚(おんりょうとっこう):おだやかで優しく、誠実なこと。

故きを温ねて新しきを知る(ふるきをたずねてあたらしきをしる):先人の知恵など、昔のことを研究し、そこから新しい知識や道理を再発見すること。

スポンサー広告

漢字「温」に関するコメント

  • コメントはまだありません

  • 漢字「温」にコメントする

    成りすまし対策 >>

    誹謗中傷、個人名、メールアドレス、電話番号、URLなどの投稿は禁止です。

スポンサー広告

スポンサー広告

姓名判断

名前を投稿